示談による解決

交通事故の被害者になり、けがを負ってしまった場合、示談交渉をするにも一苦労になってしまうでしょう。

自分一人で行う場合、通院や入院をしているなかで加害者と会わなければならなくて、非常に疲れてしまうものです。

ましてや法律によってその責任の度合いなども変わってくるため、素人が一人でやるのはお勧めできません。

それというのも、示談には交渉の結果によってかなり受け取ることができる金額が変わってくるためです。

法律の専門家である弁護士ならば、こういった場合の適正な金額を割り出して交渉してくれます。また、弁護士に依頼することのメリットは、保険会社や加害者の方との間に立って交渉を行ってくれるところでもあります。先述の通り、自分一人だと精神的にも参ってしまう部分がありますが、弁護士ならば、そういったこともなく、適切なアドバイスもしてくれます。

もし相手側に弁護士のような法律に詳しい方がついているとすると、自分一人だと不利な交渉になります。本来はもらえる慰謝料も、よくわからないままにもらえなかったということすら考えられます。しっかりと適正な金額をもらうことができるための手段が、弁護士に依頼をすることなのです。

「裁判による解決」